岡山でリノベーション・リフォームならベル・ホーム BELLE HOME

BELLE HOME × RENOVATION
夏涼しくて冬暖かい断熱リフォーム

  • Home
  •  > 夏涼しくて冬暖かい断熱リフォーム

夏涼しくて冬暖かい断熱リフォーム

“住宅は建てたら終わり”の時代ではありません。どれだけ快適に、そして、リーズナブルに生活していくかが重要になっています。「夏は暑くて冬は寒い……」とお困りの方、今のお住まいの断熱性能を高めてみませんか?

こちらでは、岡山でリノベーション・リフォームを展開する「BELLE HOME(ベル・ホーム)」が断熱リフォームについてご説明します。断熱性能にすぐれた家なら、生活面でも健康面でもメリットがいっぱい! 冷暖房費の節約にもつながります。

断熱すると良いことたくさん

断熱すると良いことたくさん

「夏場の2階は蒸し風呂状態」「冬のキッチンは寒くて底冷えする」「冬場のすきま風に悩まされている」……といったお悩みは、断熱リフォームによって解決するかもしれません。家の快適さは、断熱性能によって大きく影響を受けるのです。

2020年には新築住宅を建築する際に、省エネルギー基準を満たさなければならないことになっています。つまり、これから建設される家は省エネが考慮された家になるということ。中古住宅も、断熱リフォームによって新築住宅並みに快適さを引き上げることが可能です。

メリットについて
快適な暮らしを実現する

断熱リフォームによって住宅の断熱性能を高めると、室外からの熱気や冷気の流入を防ぐことができます。その一方で暖かくなったり、涼しくなったりした空気は外に逃げにくくなります。家の中の温度が一定に保たれるので、快適に暮らせるのです。

健康的な暮らしを実現する

家の中で温度差があると、からだに大きな負担をかけます。よく知られているのが、脱衣所の寒さとバスルームの温度差によるヒートショックです。断熱リフォームによって家じゅうが快適な温度に保たれると、ヒートショックのリスク軽減につながります。

家計にやさしい暮らしを実現する

断熱性能にすぐれた家なら、エアコンなどによる冷暖房を効率よく行うことが可能です。断熱性能の劣る家にくらべて、年間の冷暖房費を約3割カットすることも! エアコンの使用量を減らせばCO2排出量を削減でき、お財布だけでなく地球にもやさしい暮らしにつながります。

断熱で「生活改善」

断熱で「生活改善」

「冬の寒さや夏の暑さはしかたない」とがまんしていませんか? 家は一日の疲れを癒やし、明日への力を生み出してくれる存在です。断熱リフォームで、毎日の生活におけるお悩みの改善を目ざせます。

悩み01 「朝起きると、部屋が寒い!」

「目覚ましが鳴っても寒さのあまり、お布団から出たくない!」ということ、ありますよね? 眠る前には20℃以上に暖まっていた部屋も、暖房を止めると次第に冷えてきます。断熱性能がよくない部屋では、朝になると、10℃以下まで下がっていることも。

断熱性能の高い部屋なら、暖かい空気が逃げていくスピードを抑えられます。寒い朝でもそれほど室温が下がらないので、スムーズに起きられるのです。

悩み02 「同じ部屋なのに、温度にムラを感じる」

エアコンなどでお部屋を暖房しても、場所によっては暑すぎたり寒すぎたりということがあるかもしれません。断熱性能が低いと部屋じゅうに暖かい温度が行き渡らず、天井部分が暖まっても、足元は冷えたままということもあるのです。

断熱性能の高い部屋なら、部屋じゅうの空気をムラなく暖かくしてくれます。足元まで暖めようと、暖房温度を上げすぎてしまうことを避けられます。

悩み03 「夏場にエアコンを弱めると、耐えられない&夜は寝苦しい」

真夏の暑い日、断熱性能の悪い家では、外気の影響を受けてエアコンの効きが悪くなります。電気代節約のためエアコンの設定温度を上げると、涼しくならず耐えられません。就寝中は、エアコンが止まると寝苦しくて目覚めてしまい、熟睡できないかもしれませんね。

断熱性能の高い部屋なら、エアコンの性能を十分に発揮して、設定温度を抑え気味にしていてもお部屋を冷やすことが可能です。また夜間も涼しさをキープできるので、朝までぐっすり眠れることでしょう。

断熱で「健康」

断熱性能は、家族のからだの健康にも大きな影響をおよぼします。なかでも心配なのが“ヒートショック”現象。急激な温度変化によって、血液が乱高下したり、脈拍が早くなったりして意識を失ったり、心筋こうそくや脳こうそくなどを引き起こしたりすることです。

とくに動脈硬化や高血圧の傾向がある高齢者は注意が必要です。室内であっても、リビングと浴室、脱衣所、トイレなどの温度差は20℃以上になることも。寒い冬、暖房の効いた部屋から寒いトイレや脱衣所に移動したときなどに、ヒートショックを起こしやすくなるのです。

入浴中の事故による死亡者は年間1万9000人という調査もあり、この数は交通事故による死亡者数の4倍以上にあたります。お部屋を断熱することにより、家じゅうの温度差が少なくなり、からだへの負担を軽減でき、ヒートショックを抑えることにつながります。

断熱で「健康」

断熱が熱中症の予防につながる
断熱が熱中症の予防につながる

冬場のヒートショックと並んで恐ろしいのが、夏場の熱中症です。熱中症といえば屋外で起こるものと考えられがちですが、じつは家の中にいても起こる可能性があります。実際のところ、夏場の熱中症の4割が室内で起きているという調査もあります。

高齢者の中には、エアコンの風が苦手という方や、光熱費節約のためエアコンはかけないという方が結構いらっしゃいます。こうして、暑い夏場もエアコンを使用せずがまんしていることで、熱中病になってしまうケースが多いのです。

お部屋を断熱することにより、外部の熱の影響を受けにくくなります。断熱性能が上がれば、エアコンの温度設定を高めにしていても、適温に冷やすことができます。つまり、熱中症にかかるリスクを抑えることにつながるのです。

このように、断熱リフォームは、家の中における不慮の事故を防いでくれます。家族の健康にとってメリットの多いリフォームといえるでしょう。

「リフォーム・リノベーション、他にもお金・土地・間取りの無料相談会」ほぼ毎日開催中

「リフォーム・リノベーション、他にもお金・土地・間取りの無料相談会」ほぼ毎日開催中

  • どのぐらいお金がかかるの?
  • リフォームしたいけど、何から始めたらいいの?
  • 古い家だから新しくしたい…
  • 家族が増えたから増改築したい!
  • 相談
    無料
  • 託児可
  • 予約制

SHOWROOM ? MODELHOUSE

SHOWROOM ? MODELHOUSE

岡山RSKショールーム

岡山RSKショールーム
0120-960-955

美作モデルハウス

美作モデルハウス
0868-72-3477

img

問屋町スタジオ
086-805-6261

img

トチスマ・ショップ岡山西店
086-250-8434

お問い合わせフォームからのお申込み

  • ➀「無料相談会に行きたい」にチェック
  • ➁「備考」に詳しい内容をご記入ください

申し込む